So-net無料ブログ作成
検索選択
再受験のお勉強 ブログトップ
前の10件 | -

補欠じゃなくて正規合格1個くれぃ! [再受験のお勉強]

とりあえず私立医大一校から「補欠合格」の通知を得る。私の順番までまわるかどうかは神のみぞ知るです。。きびしいかなぁ?

&一次試験通過した私立医大3校の二次面接完了。どこでもいいからひっかかってください。年寄りだし理系科目弱いし条件はよくないですが、どうかよろしくお願いします神様。つーか私立医大のすべてが早慶理系より河合塾偏差値が高いっていったいどういうことなの??お金を積めば入学でけるってきいてたのに、ぜんぜんそんなことないじゃんか!!

とりあえず、私みたいな年寄りでも、私立医学部は勉強すれば一次試験は通過できる。ふむふむ。

それはともかく、このブログ450ヒット/1日ってちょっと数多すぎないか?もしや旧職場か学校関係に素性がばれたかな?兎にも角にも私は元気でやってます。いや~お恥ずかしい。こんなことはじめちゃって、もうひっこみもつかなくなっているので(笑)合格するまでやります。まさかこの年で高校時代投げ出した微積分やら化学やらを究めることになるとはね。


超忙しい!! [再受験のお勉強]

センター終わり。なんとか中部圏・九州圏の医学部でリサーチでC判定でるレベル。9割なんかとれるか馬鹿ども!相変わらず数学だよ。後期どうするっぺ。

私立医学部。今の所受験した医学部無難に1次試験全部合格(まだ優しい地方新設しか入試はじまってないのが主因)最終合格まではまだ距離ありそうだけれども。。。

まぁ、がばっておこうかな。 


らぁーすと・すぱーと! [再受験のお勉強]

ここは一般受験全力で挑まねばならぬ。

このところ赤本を繰り返している。なんとか生物◎。化学は波あり○。数学は英語と相殺できるかな△って感じ。小論文はコンスタントに添削中。

ここで一発、自分にプレッシャー相当かけて、なるたけ居心地悪くして、ここんところで最後のラストスパートをかけましょう。

超大迷惑も顧みず所要は土曜日に集約!私立は全校受ける覚悟でのぞみまする。

自戒を込め現時点の成績をさらそう。

直近の河合マーク模試、記述模試。両方ともC判定とD判定はなんとか出ている。再受験なのにC判っていうのは悲しい!が、今あるもので勝負。というか数学何だよ!数学!

 

 


すでにシーズンはじまっちゃってるよ!編入できるかな? [再受験のお勉強]

すでにはじまっちゃってるぞシーズンが!純粋文系からも(比較的)進学可能な編入試験(数校)の筆記・一次面接の通過連絡がちらほらと舞い込んでくる。今年のマグロはデカイと聞くが、果たして俺の一本釣り用針にかかるかどうか?

マグロの陸揚(大間町)

やっぱ近海マグロ一本釣りとなれば大間!合格してもしなくても来年は一夏かけてマグロ一本釣りに挑戦する予定。当てればデカイ! 

大間町商工会(http://www.jomon.ne.jp/~oomas/

でもプライオリティーは今までどおり一般入試におく。数学>>>化学>生物>英語の順で勉強しております。数学は私立・国立二次試験記述レベルで受験標準問題まででなんとか6割代のスコアを出したい!出そうなとこからしらみつぶししていく!

 編入できるかな?♪てへっ


勉強しねぇとやばい [再受験のお勉強]

最近ダレダレなわたし。

なんか最近数学が面白くなってきたのは、諸先生方のおかげでしょう。点数に結びつく前にそもそも好きにならんとね。

生物業界。発生の岡田節人先生やら免疫の多田先生の著作(岩波新書・新潮文庫レベル)など読み「生き物って面白いなぁ~」なんて思いつつ、小論対策をしています。高校生物の知識が身につくってゆーのは、どちらかというと細かな知識を知ったレベルの話ばっかで、本質的理解が不足しているような気がしてならなかったんです。

これまで私は考えもしなかったのだけれども、遺伝子治療した成人が子供を作ったとき治療により得られた形質は子供に遺伝するかっていうと「しない」んだな。中村桂子先生が「人文科学は科学が解明した知識を論考にもっと組み込んで人間なり社会なりの研究してほしい」的内容の散文を書いていた記憶があるのだけれども、確かにそのとおり。

いろいろ考えて、自然科学に社会制度の網をかけてコントロールするっていうのは支持せざるをえない。けれど例えば女性学とかゲイがゲイのために研究している観のぬぐえないセクシュアリティー研究がほとんど生物学を援用せず無視しているっていうのはやっぱり変なんじゃないかい。ゲイをゲイとして認めるのは吝かじゃないが、今の日本社会が「強制異性愛社会」だとか糾弾されてもマジョリティーの一員として途方にくれるだけだし。。結局俺ってわりとセクシストなのかもね。

これまで重度の活字中毒だましだましやってきたけど生物学関連の著作のみ解禁しよう。テクノロジーが社会問題を解決するならそれはそれでいいんじゃない。こまるのは社会問題に寄生して禄をはむ困った輩だけだ。

「折れた骨をつなぐ」。地道で口数の少ない医者になりたい。


使い古しのゴムのような緊張感 [再受験のお勉強]

最近超だれぎみ。理由は多分大きく2つ。勉強スタイルがルーティン化してしまっているから。数学の成績アップがなかなか達成されないから。つーか、もう自己分析するのも面倒ですわ。

何か成し遂げるためには緊張感が大事なのは知っている。そいつが最近プチッと糸の切れた凧みたくどこかにいってしまっている。7月に志望校の過去問をやってみて、理系科目とくに数学の素点をアップさせる必要性は十分承知しているつもり。夏休みはとにかく前期の復習を繰り返すのみと思い定めてはいるものの、①こんなんで果たして成果はえられるんだろうか→②だめかも→③じゃどうする→④基本から繰り返すしかないじゃん→①へもどる、みたいなことを繰り返し考えているかんじ。

やさしめのK塾私大模試やらマーク模試やらは比較的点数が取れて判定も出る感じ。けれど志望校の過去問のレベル傾向を忠実に反映し難度分量が妥当で、なおかつ信頼にたるものはなし。英語すら実力不足なのに集中することができないのはどうして?。たぶん、これから受ける複数の編入試験が影響している。数打てばひとつは受かっちゃうんじゃないか?ってね。世の中そんなに甘いくないってことを知っているから文系から一般受験目指してきたのに、そんなことを考えるなんてお馬鹿さんなのね。そうなんです。

もともと私はストレスには強い。おいしいもの・プール・アロマ・紅茶コーヒー・おしばい・映画旅行など、ストレス発散はお手のもの。でも今回はどうにもならん。かくなるうえは新しい環境に身をおいてみるのも手だろうが、そんじゃそこらの新しい環境じゃ霧は晴れないでしょうよ。

Q1 今旅行に行くなら?              特になし

Q2 今おいしいもの食べに行くなら        特になし

Q3 引越ししたい街                 特になし

Q4 読みたい本                   特になし

Q5 みたい映画・おしばい             特になし

気力が枯渇している。いっそのこと毎日「おねいちゃんのいる店」に行きまくって、「新種の猿」になったなら、少しは気分も晴れるやもしれないが。。。とほほ。


夏です! [再受験のお勉強]

夏です!

大学受験も年増にとっては情報収集が大事です。各大学とも年齢高めの受験生に合格を出しているけれども、なんとなく受け入れ加減に違いはあるようです。入試直前の自分の実力にあった最適の受験校を選びたいなら、そろそろきちんと自分で動いていないと間に合わなそう。

このところ志望各大学の傾向を勘案し学習するようにしております。特に過去問をあたっていて思ったのは医学部では生物は傾向と対策が有効なこと。誰も知らない問題は捨てていいが、少し詳しく知っているだけで加点可能な問題は補強しておいたほうがいい。ダブルスクールばりに大手予備校の対策講座の門をたたく事を検討中。春先に送って来た代ゼミの割引クーポンって夏期講習でも使えるんだろうか?

もちろん基本をなめちゃだめなんだな。生物Ⅱの後半部、海綿・腔腸・扁形・袋形・軟体・環形・節足・棘皮・原索・脊椎動物門の区別と代表的生物名だとか、古生代・中生代・新生代の特徴と各時代区分別の特徴だとか。ふだん覚えるのが面倒くさい部分もやらんとならん。めんどいなぁ~

化学の出題頻度の高い高分子分野だとか、普段記憶があいまいになっているところ&未学習部分に取り組み中。

8月中に英語のイディオムと構文を覚えなおさないとまずい。てっとりばやく志望校の試験レベルまで終えたいので、なるたけ適切な難度の参考書を物色中。選択肢としては「志望校5校の過去問×10年分くらい」を丸暗記しちゃうか、あるいは『英語頻出問題倍速トレーニング』(増進会)あたりか。余力があれば『ネクステージ』の評判がよいのでそれにするかもしんない。とにかく英語には時間をかけられないので素早く手早くまとめるのみ。

数学は基礎問題集をやりつづける。大問レベルの極限・微分・積分・ベクトルで部分点をなるたけ得点できるようにしつつ、絶対に落とせない入試問題の小問集合レベルの問題対策を繰り返します。

現役の子達の夏明けの成績アップにどれくらい追いすがれるか正直怖いです。各科目の未学習部分はなくなったのが救いです。


多謝多謝 [再受験のお勉強]

某試験の推薦書。熟考した挙句、親しい友人の政治家!に頼むことにした。私の人生で初めて政治家ってやつにお願いしちゃいました!とはいっても彼とはこれまでも仕事でからみがあったし、私の学業・家族構成もふくめてすべてを熟知しているんです。つーか単なる腐れ縁の友達なんだけれども、いつのまにか本当に立派になっていましたってやつ。昔退職した職場の上司に頼むのも頼みにくいし、大学の指導教官は癌で死んじゃってるしで、彼に頼むしかなかったのさ。

なんだか超忙しいらしい。昔からの友達特権でメールで推薦書草案を送ったら「うそはつけん」と突き返された。なんだよもっとやさしくしてくれよって泣きながら再度改稿して送ったら今度は「これでいくから書類遅れ」とのこと。やった!

こんなプログで感謝されても気づきもしまい。本当に大変感謝しています。次の選挙はきちんと手伝うよ。ありがとうよ。


医学部再受験のお勉強 [再受験のお勉強]

 

 いくつかの受験サイトや2ch等を久しぶりにのぞいて見て、少し悲しくなりました。

 数年前、私は再受験生ながら、私立医学部に入学することが出来ました。結果的に、正規合格3校、補欠3校でした。再受験生を受け入れてくれる私学はこんなにあります。今所属している大学を含め、みんな一生懸命やってるように思います。

 私は、学資さえなんとかなれば、多くの私大医学部が再受験生を受け入れていると信じています。このブログで何度も嘆いている数学も、基本問題がきちんととければ十分合格圏に残れると思います。未だに数学は苦手ですが、再受験している際も、なんとか偏差値58前後はコンスタントに取ることができました。化学・生物は努力が成績にすぐ結びつきますし、もともと好きな英語に関しては、ほとんど勉強する必要がありませんでした。たぶん勝因はここにあります。

 とにかく、受験生のみなさんはネット上の噂に惑わされないでくださいね。この時期、厳しい方もいるかもしれません。けれど努力は報われます。

 

以下、過去の文章ママ>

ひさしぶりに医学部再受験関連のお話。

 最近、純粋に理系科目のみでK塾で合格できる判定が出るようになりました。過去にたたき出した判定はすべて文型科目を含んでの成果だったので、こいつはかなりでかいのです。

とはいえ、まだまだゴールは遠いけれども。

 最近、かねがね私立医学部の偏差値アップに考えさせられています。確かに私立医学部の問題は難しくありません(といわれております)。けれど私のような数学嫌いに、そのほうが有利かといえばそうでもない。というのも、難関私大や国公立の難問だらけの合格者平均点の低い入試問題のほうが、数学の素点で差がつきにくい分有利かもしれないから。

 文字どおり国内最高峰の医学部に現役合格した知人。その彼さえ本番は大問六題中二問しか完答できなかっと慰めてくれます。もちろん彼の言うのは「完答+相応の部分点」なのでしょうがね。

 再受験の勉強をはじめて一年と二ヶ月が経過しました。けれども数学の道のりはやはり厳しい。今年、K塾の偏差値表で、ついに早慶理系学部より全ての私大医学部の方が難関になりました。よく言われる子弟枠なんかの存在を考えると、正規合格に偏差値65は必要そう。

 もはや私立医学部を馬鹿にできるものは少数です。過去はともかく、現在は文字通りの難関です。

 実は勉強するの嫌いじゃないんだけれども、ここでだらだらせず、次の段階にジャンプしなければならぬ。化学と生物もあわせてね。

とか、作戦も練りつつ、まずは勉強しないとならぬ。ああ疲れた。。。

 


プログタイトルの変更 [再受験のお勉強]

プログタイトルの変更

 突然ですがプログタイトルを変更します。というのは、書き込みが少ないのにアクセス数が多すぎる最大の要因が「医学部再受験」っていうタイトルにあるらしいから。まじめな訪問者に対して、書き込みが少なくて申し訳ないんだな。というか正直なところ、医学部再受験系の「ちょっと知られたプログ」化してしまうと困るしね。。

 現在も、仕事、医学部再受験、ならびに各種大作戦は続行中です。とくに医学部再受験の勉強に時間の大半を投入しています。あいかわらず、やはり数学が最大の難関であるのに変わりはありませんが、最近はひと筋の光明が見えつつあります。やはり成果は投下した時間に比例します。理科二科目にも時間を適時割きつつ、全力で駆け抜ける所存です。

 がんばります。


前の10件 | - 再受験のお勉強 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。